空缶を蹴飛ばしたい

2022年2月の中学受験に向けた親バカ備忘録

塾の仲間たち

塾通いを始めてもうすぐ二年。早いものです。

この二年弱の間、クラスの上下は多少ありましたが大幅に変わった訳でもなく、上に行っても下に行ってもだいたい固定されたメンバーなので、段々と打ち解けてきているようです(ようやく)。

 

f:id:may_25:20191108094052p:image

いつも一番前の彼は四年生ではおそらく校舎で一番の成績(娘リサーチ)だとか、女子で一番だと思われる彼女は先生に筑駒も受かると言われるくらいよくできる子だとか、某文化祭ではダレソレちゃんを見かけたとか、ナントカ君は別の習い事で娘が仲良しの子と同じ小学校だとか、いろんな話が出てきます。

塾の先生たちのことも、今日はこんなことがあった、あの先生がこの先生のモノマネをして内緒だぞ!って言ってたからみんなで言いつけただの、ホニャララ先生の息子君の話が面白いだの、いやホント、勉強しに行ってるのか笑いに行ってるのかわかりませんけど、学校以外のコミュニティがあるのは親としては安心です。面白い話だけでなく、授業の内容も覚えて帰ってきてください…。

 

上のクラスになってから一度落ち、戻った今、もう二度とクラス落ちしたくないと思っているようで、勉強に対する意識が多少変わってきたようです。

先日のマンスリー前には、対策まではしないものの、自分で苦手なところを夫に聞いていました。今までこんなことしなかったのに!と思うと胸熱です。

 

まだライバルというよりは仲間です。仲間のまま卒業するかもしれません。でも負けたくない気持ちはあるようです。最近のこどもは複雑ですね。

塾の仲間たちのおかげで、基礎定やデイリーチェックは全部取れて当たり前!という気概を見せるようになってきたので、環境から影響されるものは大きいと思います。と思うと、学校選びは慎重にならざるを得ないのですが。

 

楽しく笑いながら勉強できる、ということが、どれだけ贅沢で幸せなことか、噛み締めてもらえるといいなあ。

 

 

 

娘にとって、いい学校とは

偏差値の高い学校が娘にとっていい学校かというと、そうではないな、と。偏差値が高けりゃいいってもんでもないんですよね。

じゃあ偏差値が高いといいこととは、となった場合の答えは、対外的な評価基準の目安、なのかなあ。でもそんな会話はあまり一般的じゃないし、偏差値を聞かれる局面も想像できない。強いていうなら、志望校を決める際に選択肢が広がる、ってところでしょうか。

いい学校、って、何。

このところ、ずっとそれを考えています。

f:id:may_25:20191028215427j:image

 

例えば、A校。憧れの部活があって、一度は誰もが憧れるような、目指すには充分すぎる目標です。なにより我家からは乗り換えなしで通いやすい。(成績以外の)ネックは、大学受験に際して学校側のアクションが薄いこと。

例えば、B校。校舎は申し分ないし、学校の方針も、我家としては願ったり叶ったり。娘のやりたい部活もある。ただ、通うとなると乗り継ぎがイマイチよろしくないので、悪天候や猛暑がより厳しい。

例えば、C校。比較的通いやすいし、学校の方針が魅力的。なにより校長先生が素晴らしい。しかしながら学校探しを始めたばかりの我々から見ると、どうしても失礼ながら滑り止めイメージが強い。学校の方針だけでいえば、我家の三本指に入ることは間違いない。

例えば、D校。親目線では大変ありがたいカリキュラム。B校同様願ったり叶ったり。娘がついていけるかどうかは微妙なところ。立地に不安あり。私が以前、同じ駅が勤務地だったことがあり、そこの治安にあまりいい印象なし。

もしかしたら、共学?

もしかしたら、付属?

もしかしたら、遠くても通える?

悩みだすとキリがありません。

 

100パーセント親子で満足のいく学校、があるのかしら。どこかで妥協が入るのかしら。まだ学校を理解するだけの情報を持っていないのかもしれない。

などなど、いろいろ考えてしまいます。

 

娘はのんびりさんです。マイペースすぎて、そんなにのんびりのんちゃんでこの先やっていけるのかと、心配しすぎて子離れできなくなりそうなくらいにのんびりです。

しかし、根性だけは人一倍あります。しつこいというか、負けん気というか、曲げないというか、そういうところはあります。親目線で見ても、それは結構な強みだと思っています。その両極端なのを、足して割ってくれたらいいのですが。

 

残り、塾の四年生カリキュラムは三ヶ月しか残ってないんだなあ、と思うと、気が急いてきます。

ところがここにきて、娘が安定しだしました。ああ、やっぱり我家は新三年生二月から始めて正解だったな、と。これ、一般論で新四年生二月から始めていたら、五年生の今頃でようやく塾に慣れて生活サイクルが落ち着くってことなので、そうするとのんびり娘ではとてもじゃないけど受験に間に合わない。

 

こういう子を、安心して預けられる学校って、どこなんでしょう。

もう少しスピード感がほしい…。

 

 

 

 

 

洗足学園中学校|ナイト説明会

仕事終わりに溝の口までダッシュしました。しかも雨。

今月は二度の台風を含め、雨続きですね。被災された方、避難が続いている方、早く日常が戻りますように。

 

道すがら、下校する洗足の生徒さんたちとすれ違いました。ブレザーよりセーターやベストが多かったかな。式典以外はあまりブレザーの出番はないのかしら。

傘は色とりどりで、そこまで指定はないように見受けられました。

 

三度目の洗足ですが、学校側のお話を聞くのは今日が初めてです。

説明会前の、先生によるミニコンサートが素敵でした。系列に音大があることを活かした、音楽によるしっかりした情操教育の下地が垣間見えます。

女性が自立していくために、という方針は今でこそよく聞くフレーズになりましたが、創立当時(洗足は今年で創立95周年)から一貫したこの姿勢を崩すことなく、かつ、時代の流れに沿って変えるところは変えて、そして今日の洗足学園があるのだと、校長先生のお話がありました。

進路希望のほとんどが短大・専門学校だった昭和の終わり、これからの時代を見据えて学校改革を始めたそうです。まずは四年制大学を目指せる学力をつけよう、そして四年制大学進学者が増えてきたら次は国公立も目指してみよう、国公立にも合格できる力をつけられるようになってきたところで、海外の大学を希望する生徒も出てきたとのこと。平成の大改革洗足版、というところでしょうか。

f:id:may_25:20191026185729j:image

 

創立95周年にもなっていたらもうそこそこ伝統校と言ってもよさそうですが、進学率が上がったのは上記の大改革によるものなので、進学校の仲間入りとしては新興の部類なのでしょう。ものすごい躍進ですよね。

洗足は、先生方の熱意がヒシヒシと伝わってきます。自立した女性として生きていけるようにするための術を、生徒たちにあらゆる方向から授けてくださろうとしているように感じられました。

時代が変われば手段も変わる。そのために様々な変化を受け入れ、取り入れるスピードや判断は、伝統校といわれる学校より早いように思います。伝統を守る、というのは、周りからは計り知れない様々な想いや重圧があるのだろうと想像しています。

 

PTA父親の会、ファザーズの代表の方からのお話も伺うことができました。

思春期にあたる六年間、娘と父親の間には少なからず溝が生じると思われます(まだ想像でしかありませんが)。そこに、敢えての父親の会があることで、娘との接点が増えるメリットは大きいと感じます。

 

 

やっぱり説明会って大事ですね。

自分の直感を信じつつ、他の学校も見学させてもらおうと予定しています。

 

 

クラスはステイ|十月マンスリー確認テスト

帰宅した娘から、15時前にメールが来ました。今回のクラスを確認するためです。

15時ジャストに確認して、私も安心。クラス落ちなく、最上位クラスを維持することができました。

f:id:may_25:20191016192439j:image

 

もちろん娘は狂喜乱舞。クラス落ちはなさそうだな、と思う点数でしたが油断はできないからと、今朝までドキドキしっぱなしだったようです。

他の校舎のコース基準表をまとめている方がおりまして、その一覧を拝見すると大規模校舎でもα2くらいの成績だったので、これはもしや伸びてきているのでは、と微かな期待もしつつ。まだ四年生なので、と自戒もしつつ。

 

これから山あり谷ありでしょうから、苦手を潰しながら、コツコツ頑張ってもらいたいものです。

私にできるのは、誉めまくっておだてていい気分で勉強できるように努めることくらい。

頑張れ、娘。

 

 

女子学院|マグノリア祭

初めてのJGからもう一年経ったのか、としみじみ。二度目のマグノリア祭は、大混雑でした。

というのも、台風19号の影響で、土曜の開催が火曜に順延になったため、受験予定の小学生が今日に集中したからです。致し方なしですね。天気には誰も勝てませんから。

 

混雑するだろうな、と思ってはいましたが、あいにくの雨天にも関わらず、ものすごい行列。あのあたりの地理がさっぱりなので詳細不明ですが、校舎までぐる〜っといろんな道を通りつつ並びました。20〜30分くらいで私たちは入場できましたが、後になればなるほど混んでいたのでは、という印象。

生徒だけで運営する文化祭で、先生方も行列整理に出張ってらしたので、相当人手が足りなかったのだろうな、と想像できます。JGは最寄り駅が複数あるので列もあちらこちらから伸びていて、混乱にならなかったのが幸いです。

そんな中、残念だったのが、並んでいる列に横入りする方や、自分はずっと並んでいるのになぜ向こうが先に入るのだ、と生徒さんに物申す方。いやいや、横入りにいたっては言語道断というか残念な方ですねとしか言いようがありませんが、この不測の事態で傘もささずに走り回っている生徒さんを捕まえて、文句言ってどうするんですかいい大人が…、と悲しくなりました。静かに並ぶ列に、ひたすら礼儀正しく謝罪する文化祭実行委員と思しき生徒さんの声。思い出しても胸が痛い。

 

校舎の中も大盛況で、今年も天文班から見学スタート。娘は去年もいただいた月の栞を大事にカバンにしまい、濃紺の模造紙に並ぶ美しい白インクの文字を眺め、やっぱりいいなあ、とニコニコ。

化学班、生物班、駄菓子屋、お化け屋敷(めっちゃクオリティ高くて怖かった)、YWCAでの点字体験、去年行けなかった数楽班、などなど、大変満喫させていただきました。

f:id:may_25:20191015072209j:image

 

一日中歩き回ってクタクタのはずなのに、帰ってから勉強してましたから、何か刺激は受けたのでしょうね。

まだ私も数校しか見ていませんが、やっぱりJGは別格です。